性欲減退と精子数の現象の副作用が報告されているフィンペシア

MENU

性欲減退と精子数の現象の副作用が報告されているフィンペシア

性欲減退と精子数の現象の副作用が報告されているフィンペシア

男性型脱毛症(AGA)の治療薬として効果が高いとされているのが、「フィナステリド」と呼ばれる成分が配合されている薄毛治療薬です。

 

その代表的な治療薬といえば、やはり「プロペシア」を真っ先に思い浮かべる人が多いはずです。

 

しかし、プロぺシアと同等の効果が見込めると評判になっているのが、「フィンペシア」という薄毛治療薬です。

 

ただ、フィンペシアには、特に男性にとっては少々厄介な副作用があるとウワサされています。

 

それが、「性欲の減退と精子数の現象」です。ただ、性欲に関しては、正直なところ、個人差が大きいため、もちろんそういう副作用が見られたとしても不思議はありませんが、一概に「必ず起こる」と明言することはできません。

 

また、精子数の異常に関しても、やはり「男性ホルモン」の働きに影響を及ぼすのが薄毛治療薬であることを考えれば、そういうことが起こったとしても不思議ではありません。

 

ただ、それが確実にフィンペシアによる影響であると断言できるかと言えば、決してそうではありません。

 

ですから、フィンペシアを使用していて、上記のような異常を感じた場合には、まずはお医者さんに相談するということが、何よりも重要であるといえます。